« LaneAxisのCEOからのアドバイス - 「暗号通貨トークンは信頼できる会社から購入すべき」 | トップページ

2018年10月 1日 (月)

Module Blockchainが10月31日までICOを延長

Image_20181001_180210

Module Blockchain1031日までICOを延長

ブロックチェーンと暗号通貨マイニング技術を世界中の誰もが利用可能にするプラットフォーム、Module Blockchainは、20181031日までICOを延長することを発表しました。アドバイザーおよびトークンホルダーと協議した結果、同社はMODLトークンのクラウドセールを継続することによって、設定したICO目標の確実な達成を目指します。当初、このトークンのパブリッククラウドセールは、最大15%のボーナス付きで81日から930日まで実施される予定でした。

これまでに、このプロジェクトはICOでかなりの注目と成功を収めています。プライベートセールでは、2百万ドル以上のMODLトークンのが販売され、500万ドルのソフトキャップを達成しようとしていました。7月には、プラットフォームはそのビジネス開発のためにより多くのベンチャーキャピタルを惹きつけ、期待を超える伸展を遂げたため、そのハードキャップを3,000万ドルから1800万ドルに削減することにしました。しかし、暗号通貨市場は、2018年第3四半期に暗号通貨全体の大規模な価格暴落を経験しました。それにもかかわらず、9月が近づくにつれて暗号通貨購入者たちの間に強気の兆しが見えてきています。購入者とアドバイザーの意向を念頭に置いたICOの延長は、Module BlockchainプラットフォームのMODLトークン購入を考える潜在的なバイヤーにとって、数週間の追加購入の機会が与えられる朗報となるでしょう。その間同社は、ICOの延長を歓迎するより大規模な後援者との交渉を続けるとのこと。

 

Module Blockchainプラットフォームは、余剰ストレージを備えた携帯電話、ノートパソコン、その他のスマートデバイスを持つ世界中の全ての人々に、暗号通貨エコシステムに参加する機会を提供します。暗号通貨エコシステムへの参加に関心のある人なら誰でも、使いやすいプラットフォームをダウンロードして暗号通貨のマイニングを始めたり、所有するデバイスのデータストレージスペースを貸し出すことが可能になります。このプロジェクトでは、誰でも独自の分散型アプリ(DApps)の作成やパートナーシッププログラムサービスを提供することが可能です。またModule Blockchainは、「シークレットシェアリング」と呼ばれるクライアント側での暗号化プロトコルを可能にする新しく画期的なクラウド型データストレージも提供します。機密情報が暗号化されるばかりでなく、情報は断片的に分割され、モバイル端末上の別々の場所に分散して幅広く格納されるため、詐欺防止メカニズムが強化されます。プラットフォームを使用して保存された任意の情報は、単一フラグメントでは再生することができないため、事実上ハッキング不可能です。

StellarEOSなどの類似プラットフォームと、この革新的なブロックチェーンエコシステムが決定的に異なる点は、多くのデバイスで共通のコンセンサスを提供できることです。このことから、事実上Module Blockchainでのみ真の分散型プラットフォームは実現可能となります。たとえば、EOSのようなシステムでは、最大のトークン所有者がそのエコシステムでの意思決定を行うため、「デジタル寡占」が形成される可能性があります。つまり、より大きなブロック生成者がコンセンサスでより強い発言権を持ち、これが暗号通貨マイニングへの新規参入者の積極的な排除につながります。一方Module Blockchainは、初期のハードウェアへの投資やソフトウェアの専門知識を必要としないため、プロセス全体を真に民主化します。

Moduleブロックチェーンについての詳細は、modltoken.ioをご覧ください。

 

 

 


« LaneAxisのCEOからのアドバイス - 「暗号通貨トークンは信頼できる会社から購入すべき」 | トップページ

無料ブログはココログ